引越しのキャンセル

引越しのキャンセル

引越し業者と契約した後にもっと安い料金を提示してくれる引越し業者が見つかった、ということはよくあることです。ある意味、引越し料金はこうした業者間の競合で下がっていくものですが、いざ一旦契約した引越し業者から他の引越し業者へ変えたいと思ってもキャンセル料などが心配になるものではないでしょうか。

 

しかし、引越しも一般の商品同様きちんと手続きを踏めば、キャンセル料の発生などもなくキャンセルができます。国土交通省が定める、もしくは引越し業者が独自に定める引越約款にもそのように記載されています。

 

キャンセルは2日前までに!

 

引越しのキャンセルは契約日の2日前までに引越し業者に申し出た場合には、キャンセル料の類は発生しません。ただし、契約日の1日前のキャンセルでは引越し料金の10%以内、契約日当日のキャンセルでは引越し料金の20%以内を申し受けることになります。これらの場合には法的に支払う必要があります。

 

このキャンセルの定義には引越しの延期も含まれますが、実際には身内の不幸、家族の病気などやむを得ない事情がある場合には良心的な対応をしてくれる引越し業者も多いようです。いずれにしろ、引越しのキャンセルが決まった段階で速やかに引越し業者に申し出るようにしましょう。

 

キャンセル料を支払う前に

 

契約日の1日前、または当日のキャンセルについては引越し業者にキャンセル料を支払う必要がありますが、引越し業者にもキャンセル料を請求するための手続きを踏んでいる必要があることを覚えておきましょう。逆にこの手続きを引越し業者が踏んでいない場合には、たとえ契約日当日のキャンセルであってもキャンセル料を支払う必要はありません。

 

引越約款では、引越し業者が申込者に対して契約日の2日前までに見積もり書の記載内容の変更の有無等について確認を行う、となっていますので、この確認があったかどうかしっかりと確認しましょう。

 

ダンボール等梱包資材の返却

 

キャンセルをさせにくくさせる心理を利用して見積もり時にダンボール等梱包資材を置いていく営業マンが圧倒的に多いと思いますが、これは荷造りの準備にすぐとりかかれるという利点はありますが、複数の引越し業者の見積もりを比較する予定がある場合には、受け取らないでおくほうが無難でしょう。

 

あらたに別の引越し業者が見つかった場合など、すでに使用してしまった資材がある場合にはその分の料金は請求されてしまいます。また、梱包資材の返却に伴う費用を自費で負担するよう求める引越し業者もあると聞きます。このような場合にはあらたに契約した引越し業者に梱包資材の返却を依頼されるといいでしょう。

 

引越しをする前から不要なトラブルやストレスを抱えないためにも、すべての見積もりが出揃い、本契約に至る前にはダンボール等梱包資材は基本的に受け取らないでおくほうがいいかもしれません。

 

LIFULL引越し見積もり

引越し業者

 

このエントリーをはてなブックマークに追加