引越し費用と日柄の関係

引越し費用と日柄の関係

日柄

 

スーパーなどには同じ商品でも、いつもより安く売られる特売日があったりしますよね。引越しにもそんな特売日があったら、その日に買いたいと思いませんか?

 

大安や仏滅といった言葉を聞いたことがありますよね。日柄といわれるものですが、引越しにも大きく関係しているんです。

 

実は引越しをするにあたって人気のない日というのがあり、「この日ならお安くできます。」と、営業マンが積極的におすすめしてくる日であったりもします。

 

引越し業者には人気のない日は引越し費用を下げる以外に受注の方法がないことから、こういった日が引越しの特売日であるわけです。

 

引越しの特売日を見つけるには、引越し費用の相場を知る必要があります。いくつかの引越し業者から見積もりを取ってみるといいでしょう。引越し業者選びのスタンダードツール、一括見積もりサイトの利用をおすすめします。

 

おすすめサイトLIFULL引越し見積もり

 

引越しは大安の日が高く仏滅の日が安い?

 

データ

 

お祝い事は縁起の良い日にと考える人は多く、引越しも新たな門出を祝うお祝い事のひとつと考える人も多いようです。

 

ただ、若い世代の中にはそういった日柄をあまり気にせず、同じものであるならば費用が安いほうを選ぶという考え方もあるようですね。

 

何を始めてもうまくいくという大安の日を引越しに選ぶ人は多く、引越し業者もそれなりの強気な費用設定をしているようです。需要と供給のバランスですね。

 

反対に何をするにもうまくいかないとされる仏滅の日は、できれば避けたいと考える人が多く、引越しもその例外ではないようです。

 

総じて大安の日に引越しは集中しやすく、仏滅の日は敬遠されがちなので、引越し費用を抑えるには仏滅の日を選ぶという選択肢もあります。

 

土日祝日の引越しは高く平日は安い?

土日祝日

 

土曜日を休日扱いにする引越し業者は少ないようですが、日曜祝日の引越しについては休日扱いとする引越し業者もあり、見積もりに2〜3割増の休日割増が加算されるケースもあります。

 

会社や学校を休んで引越しをする人よりも、会社や学校の休みを利用して引越しをする人が圧倒的に多いため、休日割増というよりも需要と供給のバランスから、引越し業者がそれなりの強気な費用設定をしているといえるでしょう。

 

このようなことから平日の引越しは引越し費用を抑えられるだけでなく、希望する日程も取りやすいといった利点もあります。

 

連休の引越しは中日がねらい目

 

連休

 

年末年始は引越し需要が低く、引越し業者も休みに入るところが多いため、この時期の引越しを考える場合には早めの準備が必要です。

 

ゴールデンウィークやお盆休みは引越し需要は低いのですが、引越し業者で休むところは少ないため、費用的にもねらい目であったりします。

 

連休の引越しについては、連休の最終日までに新しい生活の準備を整えたいと考える人が大半なので、連休初日と最終日が混み合う傾向にあるようです。

 

連休の中日は祝日であるにもかかわらず引越し需要が少ない傾向にあることから、希望する日程とあわせて費用的にもねらい目といえるでしょう。

 

関連ページ ⇒ 引越し費用と時間の関係
関連ページ ⇒ 引越し費用と月末の関係

 

LIFULL引越し見積もり

引越し業者

 

このエントリーをはてなブックマークに追加