引越しの午前便と午後便

引越しの午前便と午後便

引越しには大きく分けて朝一番から引越し作業を開始する午前便、一般には時間指定のできないことが多い午後便とに分かれます。午後便は一般にフリー便とも呼ばれます。同条件での引越し料金を比べると、午後便を利用した場合、午前便を利用した場合の引越し料金の半額程度にまでなることがあります。

 

フリー便とも言われる午後便のフリーの意味はフリータイムを指しますが、利用者が好きな時間を選択できるという意味ではなく、引越し業者が都合のよい時間に引越し作業をするという意味です。引越し業者の当日のスケジュールに合わせて、引越し作業開始時間が場合によっては午前になる場合もあります。

 

規模の大きな引越しなど条件によっては午前便しか利用できない場合があることや、一般に引越し作業開始時間を指定することができない午後便を利用する際には、引越し業者が何時にやって来るのか分からないといったリスクを伴うことがあることも知っておく必要があります。

 

午後便=安い、お得というイメージが一般的には強いと思いますが、ご自身の望む引越しのスタイルであるかどうかなど、条件をしっかり把握して利用することが大切です。

 

午前便

 

トラックが数台必要で、引越し作業員も5名を超えるような規模の引越し作業は、朝一番から始めなければその日のうちに終わりませんので、こういった比較的規模の大きな引越しの場合には引越し業者が午前便としてしか受けないのが一般的です。

 

また比較的規模の小さな引越しでも、明るいうちに確実に終わらせたいといった場合には午前便を指定するのが望ましいと思われます。引越し作業が深夜に及び、引越し早々隣近所へ迷惑をかけるといったことのないよう、ご自身の引越しの規模については営業マンにしっかりとした確認をしたいものです。

 

午前便の引越し作業開始時間については引越し業者によってばらつきはありますが、早いところで午前8時前後、遅くとも午前9時前後が一般的ではないかと思われます。小さなお子さんがいるなど、引越し作業開始時間を遅らせてほしいといったことは遠慮せずに申し出るといいでしょう。

 

午後便

 

午後便は午前便の引越し作業を終えた車両が当日予定されている午後便へ向かうというしくみになっており、車両によっては数件の午後便スケジュールが組まれている場合もあります。該当車両の午前便が予定より長引いてしまったり、その後の午後便1件あたりの作業時間が長引いてしまったりすると、一番最後に予定されている午後便の引越し作業開始時間はどんどん遅くなっていくことになります。

 

3〜4月にかけての引越し繁忙期といわれる時期には、日付けが変わってからの引越し作業開始といったことも実際にあります。好き好んで夜中にやってくる引越し業者はないと思いますが、なかなか予定通りには進まないのが引越し作業ですので、その時間にならざるを得ない状況が往々にしてあることを、午後便を利用する際には理解しておく必要があるのではないかと思います。

 

営業マンはおそらく「そんな遅い時間にはなりません。」等の説明を見積もりの際すると思いますが、引越し料金が安くなるのなら何時になってもかまわないといった条件を受け入れられるか、こと3〜4月にかけての引越し繁忙期での午後便利用には覚悟が必要と言えるのではないかと思います。

 

3〜4月にかけての引越し繁忙期を除けば、引越し作業開始が夜中になるといったケースはまずないと思いますが、午前便に比べて半額程度にまで割引されることもある午後便の利用価値は大いにあると思います。

 

引越し午後便の安さの秘密がどこにあるのかはフリー便安さのカラクリでご紹介しています。

 

LIFULL引越し見積もり

引越し業者

 

このエントリーをはてなブックマークに追加