引越しフリー便安さのカラクリ

引越しフリー便安さのカラクリ

引越しには大きく分けて朝一番から引越し作業を開始する午前便、一般には時間指定のできないことが多い午後便があることは、引越しの午前便と午後便でご紹介していますが、同じ作業内容でありながら引越し料金が午前便の半額程度にまでなることもある、フリー便とも言われる引越し午後便の安さの秘密はどこにあるのでしょうか。

 

フリー便のフリーの意味はフリータイムを指しますが、利用者が好きな時間を選択できるという意味ではなく、引越し業者が都合のよい時間に引越し作業をするという意味ですので、そこには利用者にとっても引越し業者にとっても都合のよいカラクリがあるのです。

 

引越し業者には一日の売り上げ設定がある?

 

どのような業種にも事業を継続するにあたって同じようなしくみがあると思いますが、引越し業者の場合には車両1台ごとに一日に売り上げる金額の目標が設定されている場合が多く、1ヶ月、1年といった長い期間の中での一日の売り上げ目標と捉える必要はありますが、パチンコ屋さんの釘設定のようなものだと考えるとわかりやすいのではないかと思います。

 

たとえば、一日に売り上げる金額の目標が15万円に設定されている車両の場合には、15万円の引越しを1件やるか、5万円の引越しを3件やるかといった具合になります。引越しの午前便料金が午後便に比べて割高なのは、このような理由から車両1台ごとの売り上げ目標を達成することが比較的容易になるということからです。

 

引越し料金は引越し料金のしくみでご紹介しているような方法で計算されるものの、引越し業者としては車両1台ごとの売り上げ目標を達成することが比較的容易になる、規模の大きな午前便が一番売りたい商品であるということが理解できるのではないかと思います。

 

引越し業者にとっては足の出る料金もあり?のフリー便

 

上述の一日に売り上げる金額の目標が達成された車両の場合、その後の午後便またはフリー便の売り上げはストックという形になり、他の車両の売り上げと相殺されたりしますが、極論としては一日に売り上げる金額の目標が達成された車両の、以降の引越しについては引越し料金はいくらでも良いということになります。

 

さすがに車両と引越し作業員を出すわけですから、引越し業者も無料というわけにはいかないと思いますが、その車両が一日に売り上げる金額の目標を達成しているわけですから、引越し業者にとっては本来必要な経費を差し引いた、足の出る引越し料金設定も午後便には有り得るということです。

 

このようなことから一般的に引越し業者は単価の高い午前便と合わせて、数をこなせばこなすほど一日に売り上げる金額目標のストックを確保でき、引越し業者の都合に合わせて作業ができる午後便を、1件あたりの単価が安くても多く受注するという傾向にあります。

 

引越しの営業マンには粘り強い方が多いものですが、午後便の交渉においてはこのような背景があることを念頭に、こちらも粘り強い交渉をしてみる価値がありそうです。「今日決めていただけるなら・・・。」は引越し営業マンの決め台詞ですが、逆に「あと○万円引いてくれるなら・・・。」は特に午後便の引越し料金割引交渉での、こちらの決め台詞にしたいところです。

 

LIFULL引越し見積もり

引越し業者

 

このエントリーをはてなブックマークに追加