引越し業の歩み

引越し業の歩み

引越し屋さんと聞けば、今では誰でも容易にイメージが思い浮かぶのではないかと思いますが、引越し作業を専門に取り扱う業界の歴史自体は昭和50年(1975年)ぐらいからと、比較的まだ新しい業界と考えることもできます。

 

ひと昔前には引越し屋さんはいなかった!?

 

昭和40年(1965年)頃にはまだ引越し作業を専門に取り扱う事業者そのものが存在せず、今でいう引越し屋さんというのは一般貨物輸送を取り扱う運送事業者が、業務の一環として取り扱うにすぎなかった時代でした。

 

当然、荷台内壁が保護材で覆われた引越し専用車両や、今では多くの引越し業者で当たり前に使われているキルティング材などもなく、平ボディー(荷台がむき出し)のトラックに使い古した毛布で家具類を覆って、雨よけに荷台全体を覆うビニールシートをかける程度の、ずいぶん荒っぽい輸送をしていたものだと思います。

 

当時は引越し屋さんと言えば運送屋さんと同義語で、現在のような家具の設置や家電器具の取り付け、取り外しなど、付帯作業にまで行き届いたサービスというものはなく、引越し荷物を運ぶという事自体が引越し屋さんの仕事であったようです。

 

引越しは一家総出で行うもの!?

 

今では引越し業者が荷物の搬出、搬入、家具類の設置、家電器具の取り付け、取り外しなど引越しにかかわる作業一切を行ってくれます。作業時の怪我などの観点から、荷運びなどの荷主の手伝いを一切断る引越し業者もあるのではないかと思います。

 

ひと昔前の引越し屋さんというのは、今でいう引越し作業員を連れてくることもありましたが、大きなトラックに運転手ひとりでやってきて、荷台の上に乗りっぱなしというのが一般的でした。家から荷物を運び出すのも、トラックから新居に荷物を運び入れるのも、荷主側が行うというのがいたって普通の引越しのスタイルでした。

 

普段の近所づきあいが物を言いそうな感じですが、今では考えられないですね。ただ、現在でも荷物や大きな家具の少ない単身向けの引越しなどを主に取り扱う、軽自動車を使った軽貨物運送事業者の中にはこのようなスタイルでの引越しサービスを行っているところがあります。

 

サービス業に変わりつつある引越し業

 

かつては引越し荷物を輸送するのが主だった業務であった引越し業も、現在では荷主に代わって荷造りを行ったり、エアコン、家電類の設置や販売といった、引越しに付随するサービスや商品の販売まで取り扱うところも出てくるようになりました。

 

一度に大量の物を動かすのだから荷物に多少傷がついたり壊れたりするのは当たり前、と運送屋さんのほうが偉かったような時代もあったようですが、現在はそのような理屈は通らないようで ・・・。

 

あるマーケティングリサーチ会社によると、日本の消費者の目は世界で一番厳しいというぐらいですので、ご多分にもれず引越しも、利用者からは引越しサービスという商品として見られる時代がやって来たと言えるのかもしれません。なんとも運送屋さんにとってはずいぶん厳しい世の中になったものです。

 

LIFULL引越し見積もり

引越し業者

 

このエントリーをはてなブックマークに追加