引越しの見積もりと契約

引越しの見積もりと契約

即決はダメ?

 

引越し業者に見積もりを依頼すると、「すぐに契約しなければいけないのではないか。」とか、「営業マンの強い押しに負けて思わず契約してしまいそう。」といった不安を抱かれる方も少なくないと聞きます。確かに引越し業者の営業マンは、それはそれは言葉巧みに自社のアピール、他社との違いなどを説明し、引越しをその場で受注するのが仕事です。

 

「思わず即決してしまった。」ということも、裏を返せば優秀な引越し営業マンであったことの証明ですので、それはそれで利用者に非があるものではありません。

 

ただ、せっかくこういったインターネットを利用して複数の引越し業者の見積もりを一括依頼できるサービスもあるので、実際に訪問見積もりをしてもらう際にあらかじめおおよその引越し料金の目安がわかっていれば、即決してもいい金額帯、値引き交渉もうまくできようというものではないでしょうか。

 

見積もりを依頼する時期

 

引越しの準備には荷造りや公共サービスへの各種届出なども含めて最低2週間程度は必要といわれています。そういった意味では引越し予定日の2週間前ぐらいまでには引越し業者を決めておきたいものです。

 

また、引越しの混雑する時期、一般に繁忙期といわれる3〜4月については早めの準備が必要でしょう。引越し業者によっては引越し予定日の1ヶ月以内を見積もり対象としているところもあります。繁忙期といわれる3〜4月を除いては引越し予定日の2週間前〜1ヶ月前に見積もり依頼をするのが一般的なようです。

 

前金・手付金について

 

引越しの見積もりは引越約款で無料と定められていますから、前金・手付金の類を引越し業者が請求することは禁じられています。キャンセルさせにくくする目的でこういったものを要求する引越し業者もあると聞きますが、支払ってはいけないということをしっかり覚えておきましょう。

 

なお、交通の不便な遠隔地への訪問見積もりについては引越し業者が交通費を請求することは認められています。

 

契約にあたって

 

引越し業者と契約する際には引越し業者が必ず利用者に引越約款を提示する決まりになっています。これには引越し業者と利用者の双方にとって、引越しのキャンセルなどの重要な取り決めが記載されています。必ず確認するようにしましょう。

 

この引越約款は一般に見積もり書や契約書の裏面に記載されていることが多いようです。また、見積もり書をそのまま契約書とする引越し業者も多いようです。

 

LIFULL引越し見積もり

引越し業者

 

このエントリーをはてなブックマークに追加