引越し費用のしくみ

引越し費用のしくみ

引越し博士

 

引越し費用というものは荷物の量や作業環境、日程などの色々な条件が加味されて計算されるとても複雑なものですが、以下のような基本的な計算式があるのを知っていますか?

 

基礎運賃・基礎作業料金 + 実費 + 付帯サービス料 = 引越し費用

 

見積もり書や契約書に記載される項目はもっと細分化されますが、おおまかに分けると上のいずれかの費用に含まれるでしょう。

 

基礎運賃・基礎作業料金

 

引越し作業

 

基礎運賃・基礎作業料金には引越し作業の内容によって時間制と距離制があり、引越運送約款というものに基づいて計算されます。

 

時間制または距離制のどちらを選択するかは、引越し業者が有利な方を選択する仕組みになっています。

 

また引越し作業の範囲を、引越し業者が積地に到着してから帰庫するまでとする引越し業者が多く、荷物を降ろしたら終わりということじゃないんですね。

 

  • 時間制

    時計

     

    時間制には4時間または8時間という基礎時間があり、軽貨物運送業者の場合には2時間または8時間という基礎時間があります。1時間を超過するごとに追加料金が加算されるしくみです。

  •  

  • 距離制

    トラック
    距離制の場合には100Km、軽貨物運送業者の場合には30Kmという基礎距離があります。輸送距離がこれらの距離を超過すると追加料金が加算されるしくみです。

 

実費

 

計算機

 

引越し費用の実費は引越し作業員人数分の荷役費、ダンボールなどの梱包資材費、有料道路通行料などが含まれます。また訪問見積もりを行った場合、交通の不便な遠隔地などではかかった交通費を請求される場合があります。

 

有料道路通行料については、引越し業者が片道分を見積もりに含めることがほとんどでしょう。フェリーを利用する引越しの場合には、荷主が引越し業者の往復分を負担することになっています。

 

付帯サービス料

 

引越しの付帯サービス

 

引越しの付帯サービスにはエアコンの取り付け、取外しやピアノの運搬、不用品の処分といったものがあります。引越し業者が自社で対応する場合には費用は割安となりますが、提携業者に依頼する場合には料金格差が大きいようです。

 

関連ページ ⇒ 引越しのオプション料金
関連ページ ⇒ 引越しの不用品処分

 

内金・手付金

 

営業マン

 

内金、手付金というものを引越し業者が請求することは引越運送約款で禁止されていますから、請求されても支払ってはいけません。キャンセルさせにくくする目的で、こういったものを請求する引越し業者もあるようなので注意したいところです。

 

LIFULL引越し見積もり

引越し業者

 

このエントリーをはてなブックマークに追加