引越し費用と時間の関係

引越し費用と時間の関係

時間

 

引越し費用の計算方法には時間制と距離制があり、どちらの計算方法を選択するかは引越し業者が決めてよいことになっています。引越し業者にとってより利益が上がる方を見積もりとして提示してくることになります。

 

関連ページ ⇒ 引越し費用のしくみ

 

たとえば、引越しが長距離の場合には時間制よりも距離制を取り、近距離の場合には距離制よりも時間制を取ったほうが、引越し業者にとってはより利益になるといった具合です。

 

隣町へ数kmの引越しで、もしも1km/数百円の距離制を選択してしまったら、引越し業者が割に合わないのはイメージできますよね。

 

見積もりで営業マンが見ているもの

 

営業マン

 

引越しの訪問見積もりで営業マンが部屋を見て回るのは、実は荷物の確認だけではないんです。何を見ているのか気になりますよね?

 

もちろんどんな家具があるかや荷物の総容積を計算するのは当然ですが、その引越しにどれくらいの時間が必要かを見ているんです。

 

引越し費用の見積もりは時間の見積もりといってもいいでしょう。それぐらい引越し費用と時間は密接な関係にあるんです。

 

引越し費用は作業時間に比例するもの

 

グラフ

 

引越しは荷物が多ければ多いほど作業時間がかかり、結果として引越し費用に反映されることになります。階段があったり積み地や降ろし地に引越し車両が横付けできないといったことなどがあれば、これも作業時間がかかることになります。

 

つまり、引越し車両と引越し作業員の拘束時間が長いほど引越し費用は高く、拘束時間が短かければ引越し費用は安くなるというわけです。

 

引越し費用の概算と相場を知るにはいくつかの引越し業者から見積もりを取ってみるといいでしょう。引越し見積もりのスタンダードツール、一括見積もりサイトの利用をおすすめします。

 

おすすめサイトLIFULL引越し見積もり

 

訪問見積もりで気をつけたいこと

 

注意

 

自分が引越しの営業マンで、見込み客の家に訪問見積もりに行くというイメージを思い浮かべてみましょう。

 

部屋中散らかった家ときちんと整理整頓された家、どちらの家の荷物が多く感じるでしょうか。

 

荷物が少ない、もしくは引越し作業に時間がかからないというイメージを営業マンに与えることができれば、引越しの見積もりにどのような影響があるかはイメージできますよね。

 

そう、訪問見積もりには整理整頓で臨みましょう。

 

関連ページ ⇒ 引越し費用と日柄の関係
関連ページ ⇒ 引越し費用と月末の関係

 

LIFULL引越し見積もり

引越し業者

 

このエントリーをはてなブックマークに追加