引越し作業員への心付け

引越し作業員への心付け

私たち日本人にはサービスに対してチップを渡すという習慣には馴染みがないものですが、家を建ててもらう大工さんなどにはお祝い事としてご祝儀を、力仕事を頼む人足さんなどには労をねぎらう意味を込めての心付けを渡すという習慣があります。

 

引越し作業は運送業の仕事の中で最も過酷な重労働と言われながらも、引越し作業員が報われる機会は少ないものですが、お客さんから心付けいただくということが、そのような意味では唯一目に見える報われる機会と言えるのかもしれません。

 

ただ、大手引越し業者の中にはこのような正規引越し料金以外の心付け、ご祝儀、チップ、ジュース代、お弁当代の類を一切受け取らないよう、引越し作業員に徹底した教育をしているところも多いようです。

 

引越し作業員への心付けは必要?

 

当サイト管理人は引越し作業員出身なので実感が湧きますが、心付け、要は給料とは別のプラスアルファ分のお金ということなので、もらって嬉しくない者はいないと思います。ただ、引越し作業員側からすると、心付けは期待していないものと考えていいのではないかと思います。

 

当サイト管理人が引越し作業員をしていた当時は、「心付けはもらえればラッキー。」ぐらいにしか思っていませんでしたので、別段渡さなくとも引越し作業が雑になるということもないと思います。ただ、心付けをいただくということは、自分の仕事が認められた瞬間のようにも感じられて、とてもやりがい、誇りを感じる瞬間でもありました。

 

また、引越し作業員も人の子なので、良くしてくれるお客さんにはこちらも・・・という感情が少なからず入るものです。心付けを渡した途端、強面のお兄さんの言葉づかいが急に丁寧になったりと、心付けには引越し作業員とのコミュニケー ション、引いては引越し作業を円滑にする効果があると言えるでしょう。

 

心付けの相場はいくらぐらい?

 

当サイト管理人が引越し作業員をしていた当時は、平均すると2〜3件に1件程度の割合で、引越し作業員1人当たり500〜3,000円程度の心付けが平均であったように思います。引越し料金を精算する際に「お釣りはみなさんで・・・。」という形での心付けをいただくことも多くありました。

 

引越し作業員側からすると、金額の大小よりもお客さんの心遣いが何より嬉しいもので、お金でなくジュースやお弁当の差し入れのほうが嬉しかったりします。引越し作業員は冬でも冷たい飲み物を休憩中に摂るほどの重労働に従事していますし、場所や条件によっては食事の摂りようがないことも多いんです。

 

心付けの相場という答えを出すのはやや難しいですが、休憩のジュース代、お昼のお弁当代程度が目安と考えるといいのではないかと思います。金額にすると、500〜1,000円程度でしょうか。

 

心付けを渡すならいつがいい?

 

丁寧な仕事をしてくれたら心付けを・・・と考える向きも多いのではないかと思いますが、もしもあらかじめ心付けを引越し作業員に出す心積もりがあるのであれば、一番ベストなタイミングは引越し作業に入る前、「○○引越しセンター です!」と引越し作業員達が挨拶にやってきた時です。

 

リーダーといわれる引越し作業員に全員分をまとめて渡してしまうと、なぜか全員に渡らないケースがあるので、引越し作業員ひとりひとりに直接手渡す事をおすすめします。そのようにすることで引越し作業員のほうにも、責任感のようなものをいつもより強く促す効果があります。

 

同じサービスなら1円でも安いほうをと、とかく低料金が好まれるご時世に引越し作業員に心付けを出すというのは、敢えてプラスアルファの出費をすることになりますが、引越し作業員であった当サイト管理人の経験からは、その意味合いは大きいと個人的には思っています。

 

LIFULL引越し見積もり

引越し業者

 

このエントリーをはてなブックマークに追加