引越しのトラブル

引越しのトラブル

引越しは何事もなく無事に終わらせたい。これは利用者のみならず引越し業者と引越し作業員の願いでもあると思います。ただ、引越しというのは一度に大量の荷物を搬出、輸送、搬入という過酷な条件にさらす作業です。

 

すべての荷物を無傷で運搬することは物理的に限りなく不可能に近いという現実があります。また、意図的に荷物を破損させる引越し作業員はいないはずですし、どんなに経験を積んだ熟練の引越し作業員でも荷物を破損させてしまうこともあるということです。

 

そういった事態に遭遇した際には、まず引越し作業員のリーダー、そして見積もりを担当した営業マンと冷静に話をすることが重要です。

 

感情的にならない

 

運悪く、家具に傷をつけられてしまった、壊されてしまったとしても、現場の作業員をいくら責めても言い合っても問題の解決には至りません。確認作業に徹しましょう。作業責任者と破損品、破損箇所を確認し、引越し業者の営業所の責任ある立場の人間に、その場で電話してもらうのが一番です。

 

引越し作業はとにかく終わらせなければなりませんから、すべての作業が完了してから作業責任者と確認をする時間を取るのがいいでしょう。作業責任者の氏名と引越し業者の営業所の責任ある立場の人間の氏名も、忘れずに控えておきましょう。

 

補償について

 

引越し業者で貨物保険に加入していないところはまずないと思われますが、引越し業者が貨物保険を適用するケースというのはごく稀です。よほど高額な補償とならない限り、この貨物保険が適用されることはありません。

 

一般には修理が可能なものについては補修、補修が困難なものについては代替品ということになりますが、新品が補償されるケースというのもあまりありません。破損品の時価評価額を引越し業者が支払う、または引越し料金から差し引くといった対応がなされることが多いようです。

 

相談機関

 

引越し業者の対応に納得できないという場合には、最終的には訴訟ということになりますが、その前に引越し業者と利用者の間を取り持つ機関がいくつかありますので参考にされてください。ただ、いずれの機関にも法的な強制力はありません。

 

LIFULL引越し見積もり

引越し業者

 

このエントリーをはてなブックマークに追加